読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知ノ知

京都の大学生カトナヲが自分本位な百裂拳を繰り出していきます。ご期待あれ。

マンホールサミット2016に参加してきた①

マンホール

先日3月19日(土)、秋葉原で開催された超弩級ニッチイベント、

マンホールサミット2016

に参加してきました。今回はその「マンホールサミット」の概要について纏めてみようと思います。

まず参加を決めたきっかけは?

大学生になり、青春18きっぷを使うなどして日本国内の色んな地方に行く機会が増えました。すると、各地でマンホール蓋のデザインが異なることに気が付きました。

最初にマンホールに関心を持ったのは、広島東洋カープの本拠地、マツダスタジアム(

Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)公式サイト

)の近くにあるマンホール蓋に、カープマスコットキャラクターカープ坊や」が彫り込まれているのをみたときです。

カープファンの僕は一瞬でマンホール蓋に魅了されました。それから、地方でカラフルにその地の名産を紹介してくれるデザインを意識的に探すようになりました。

それまでは個人的にマンホールを鑑賞するだけでしたが、例のごとくTwitterで、ご当地マンホールを巡っている人たちがいることを知りました。

そんな人たちが「今年もマンホールサミット行こうっと!」みたいなことを言っていたのですが、「なんやその面白そうなのは?!?行ってみるか~」と軽い気持ちで申し込んでしまいました。

サミットの概要

二部構成でした。具体的にいうと、申し込みの先着100名は午前中にマンホールの中を見学、午後からは申し込みの先着300名が参加するマンホール関係者によるリレートークという流れでした。

あと、1000円払えばサミット終了後の懇親会に参加できました。僕は午後のリレートークからの参加で、懇親会にも参加しました。

以下は来場者に配られた資料にかかれていたものから引用。

主催

下水道広報プラットホーム(GKP)

協力

東京都下水道局

協賛

メタウォーター株式会社

マンホールナイト

日本グラウンドマンホール工業会

管清工業株式会社

虹技株式会社

株式会社 G&U技術研究センター

積水化学工業株式会社

長嶋鋳物株式会社

日之出水道機器株式会

リレートークについて

全体として、マンホールや下水道のはたらき、役割について多くの人に知ってもらいたい!という熱意にあふれていました。

7人の方がそれぞれのテーマについて話してくれましたが、どれもとても濃い内容だったので、また別に紹介したいと思います。

今後の更新をお楽しみに(笑)