読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知ノ知

京都の大学生カトナヲが自分本位な百裂拳を繰り出していきます。ご期待あれ。

【ダム巡り】芦田川河口堰(広島県福山市)に行ってきた【ダムじゃなくて堰】

ダム 広島県

坂根堰の次に訪問したのは、、

芦田川河口堰

www.dammaps.jp

f:id:katonawo:20160406150441j:image

アクセス

JR福山駅をでて、駅前でレンタサイクルを利用。

www.kankou.pref.hiroshima.jp

1回150円と安価で利用し易いのもありがたいですね。途中寄り道をしながら向かったのですが、直接向かったら駅から堰まで2,30分で着くと思います。

レンタサイクルは車なしダム巡erにとって強い味方です。僕はダム巡りの際には必ずチェックするようにしてます...!

芦田川河口堰の概要

↓以下はダム(堰)カードからの引用↓

DAM(BARRAGE)-DATA

所在地・・・・・広島県福山市箕島町、水呑町

河川名・・・・・芦田川水系芦田川

型式・・・・・・可動堰

ゲート・・・・・主ゲート×10門

        流量調整ゲート×1門

        魚道・流量調整ゲート×1式

        左岸魚道ゲート×1式

        右岸魚道×1式

堤高・堤頂長・・6m・450m

有効貯水容量・・496万㎥

管理者・・・・・国土交通省

本体着工/完成年・1972/1981年

芦田川、かなり川幅が広い!そのため堰の堤頂長も長めです。 

 ランダム情報

芦田川河口堰は、中国地方で唯一の水資源開発の河口堰です。降水量が少ない芦田川流域において、日本最大級製鉄所の誘致等により、さらなる工業用水が必要となり、芦田川河口部に建設されました。上流の八田原ダムと合わせて、福山市にとって重要な水源として利用されています。

 福山市は瀬戸内海に面していて、雨があまり降りません。何故か!というと、中国山地四国山地が雲をシャットアウトするからですね。そんな福山市の水事情を改良するために、芦田川河口堰は建設されました。

こだわり技術

右岸の舟通し改良デニール式魚道は平成13年に完成した魚道であり、遊泳力の弱い魚等に配慮した構造となっています。

 完成したらそのまま、ということはなく、随時改良が施されているようですね。

 

今回、天気予報が曇りだったので、意気揚々と自転車をこいでいたら途中から雨脚が強くなって大変でした。必死に自転車こいでたら写真撮るの忘れた...(苦笑)

代わりに駅前で撮ったマンホール。蓋には福山市のシンボルマークがデザインされています...!

f:id:katonawo:20160406150500j:image